2013年10月23日

卒業犬オフ会のお知らせ

卒業犬オフ会のお知らせ

秋の一日 ドッグガーデン ゼブラに集まり、卒業犬たちとの再会を楽しみましょう。
当日はチャリティショップにて2014カレンダー販売も致します。

日時 2013年11月3日(日曜日)12時ー14時 雨天中止
場所  ドッグガーデン ゼブラ 
    川越市中福892   Tel : 049-261-7181
       HP  http://www.kawagoe-dg.com/index.php

詳しくはこちらから。
http://happy-paws.main.jp/seminar/framseminar.html

今年こそ、私も参加します。
毎年、仕事だったり、法事があったりでなかなか参加できなかったので、とても楽しみにしています。



ニックネーム コハク母 at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

フリマのお知らせ

航空公園フリマ参加のお知らせ

6月の所沢航空記念公園フリマ参加します!

2013年6月16日(日)
10時〜15時

所沢航空記念公園
時計塔前 花壇両側の通路 (従来の場所です)

*関越自動車道所沢I.Cから国道463号を所沢市街方向へ6km
 公園内駐車場は有料となります
 (入場2時間は無料以後1時間ごとに100円)
*西武新宿線航空公園駅から徒歩10分程

雨天中止となります
当日こちらでご確認ください

売上げは
すべて保護犬の医療費にあてさせていただきます


開催にともないフリマ物資のご協力をお願いいたします


スタッフ一同皆様のお越しを心からお待ちしております

Happypaws

フリマ2013.6.16.jpg


クリックすると大きくなります。↑
ニックネーム コハク母 at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

幸せ報告

ケリーちゃんが正式譲渡になって一年。
里親様からお便りをいただきました。

ケリー 一年 1.JPG

ケリーちゃん、もう一年なんだね。
なんか仮母、しみじみしちゃった。

IMG_1476.JPG

アンニュイなお顔が懐かしいよ。
きれいにしてもらっているんだね。いつも真っ白。

ケリーちゃんは、今年に入ってすぐに、一時期失明するかもという時期があったそうです。
里親様はとても悲しい思いをなさったようですが、早期発見してもらったからでしょうか、今は回復したそうです。
よかったね、ケリーちゃん。
大好きな散歩も今までどおりできるね。

里親様からは動画も送っていただきました。
娘と何回も再生しました。


くぅちゃんのママからも、少し前にお便りいただきました。
少々事情があって、私がすっかり凹んでいるときに、偶然のようにくぅちゃんのお写真が届き、慰めてもらいました。
看取り覚悟でくぅちゃんを引き取ってくださったママですが、もう三年目に入りました。
くぅちゃんの、生きたいという意欲と、ママとパパの献身的なお世話とが、くぅちゃんを生かしているのだと感じます。
先住犬のちぃちゃんも、腎不全でたいへんだったそうですが、また、こうして二匹で元気にしている写真を見せてもらうと、ほんと、よかったねー、お二人さん。と声をかけたくなります。

コロネ 2013.4.JPG

お便りありがとうございました。
元気な時ばかりではないけど、幸せなみんなの様子がわかってうれしいです。
みんなの写真を見せてもらうだけで、目の奥が熱くなります。
年ですね^^;



ニックネーム コハク母 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

幸せワンコ報告

くぅちゃんと、ケリーちゃんの里親様から、うれしいお便りいただいています。
写真ご紹介します。

まずは、くぅちゃん。
一時期は具合が悪くて心配しましたが、復活しました。
年齢も高く、身体も丈夫なほうではないくぅちゃんが幸せに暮らしていけるのは、里親様が献身的にお世話をしてくださっている賜物です。
くぅちゃんが復活したときの、里親様の「もう少し私たちと一緒にいたいと思ってくれたようです」という言葉が忘れられません。

2013 1 7.JPG

しあわせそ〜顔(メロメロ)

image.jpeg

湯たんぽのそばで寝ている写真だそうです。あたたかいね。


さて、ケリーちゃんですが、いったい、どこまで美人さんになるのか!

PAP_0004.JPG

うちにいた時より、ずっと若く見えます。
秘訣を聞きたいものです。

PAP_0002.JPG

秘訣は愛されることかな。
里親のS様のお便りは、いつもケリーちゃんへの愛に溢れています。

CA3I0028.JPG

ケリーちゃん、色白だから、なに着ても似合うね!


IMG_4909.jpg

犬(怒)どうせ、私は色黒ですよ。

あ、そんなことないって。ミラちゃんもかわいいよ、色黒だけど顔(汗)
ニックネーム コハク母 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

フリーマッケット(11/25)、子犬の里親会(12/2)のお知らせ

フリーマーケット開催します!

20-1.jpg
クリックで画像が大きくなります。


光が丘フリマ参加します

11月25日(日)
10時〜15時
練馬区光が丘公園
体育館前けやき広場
練馬区光が丘4-1-1
(雨天中止)

ブースは当日の受付で決まります
スタッフはカラーのエプロンをつけております

みなさまのお越しをスタッフ一同
お待ちしております




青山で子犬の里親会開催します!

来たる12月2日(日)
青山ファーマーズマーケット会場内にて
子犬だけの里親会を開催いたします。

カレンダーも販売いたします。

可愛い盛りの子犬たちに是非会いにいらしてください!

子犬の里親会.jpg

クリックすると画像が大きくなります。

ニックネーム コハク母 at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月30日

優くん&メイちゃん

優くんとメイちゃん、里親さまから、お写真いただいていたのに、我が家のリフォーム騒動ですっかりご紹介するのが遅れてしまいました。

リフォームはお風呂やトイレ、洗面所だけで、これといって大きなトラブルもなく、予定どおり順調に進んだのですが、それでも、住みながらのリフォームというのは、なかなかたいへんなものでした。ホコリのせいか鼻炎が始まったり、リンパ線が腫れたり。
でも、毎日、いろいろな職人さんがいらして、それぞれに様々な道具や仕事っぷりがあり、それを見るのは楽しいものでした。
お風呂に入れない間、娘と近所のスーパー銭湯に行くのも、少々面倒ではあるけど、ウキウキ体験でした。大きなお風呂は身体がほぐれます。

DSC_0198.JPG

職人さんの作業に見入るニ匹です。


さてさて、優くんのお写真。
優くんはちょうど去年のクリスマスの頃にレスキューされたので、仮名がノエル君でした。うちで年を越したのだったね。今は、すてきなマンションでおぼっちゃま生活です。
yu1103.jpg
今年は幸せなクリスマスだね。


メイちゃんは、ブリーダー放棄の子でした。
元気でしたが、痩せていたし、毛並みもよいとは言えませんでした。
それでも、一目見てメイちゃんを気に入ってくださったママさんとお嬢さんが、かわいいかわいいと言ってくださり、幸せワンコの仲間入りをしました。
110923_1922~01.jpg
あー、リボンがついてる。かわいい!
トリミングに連れていってもらえるほど毛も伸びたんだね! つやつやだね。

111030_0832~01.jpg

先住犬のポピーちゃんとも仲良くしているようです。
あんなに散歩が苦手だったのに、いまでは「お散歩にいくよ」の声に飛びつき、ポピーちゃんと同じスピードで歩くとのこと。


リフォームの間止まっていたケリーのご紹介も、またがんばります。
ブログの更新が滞ってる間にも、ツイッターでは、里親募集の記事をリツイートしてくださる方も多く、力づけられました。




ニックネーム コハク母 at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

サロンに行きましたわ

ヤギいつになったら連れて行ってくれるのかしらと思ってたのだけど、やっと、トリミングに連れて行ってもらえましたの。
もっとしょっちゅう連れていって欲しいわ(ムリムリムリ! 高いのよ! 仮父の散髪代の4倍するんだから! by仮母)

というわけで、まずは、before
IMG_0884.JPG

そして、after
IMG_0894.JPG

ザジもいっしょに、仮母が最近みつけた小さなサロンに初めて連れていってみましたが、大正解。
親切なお姉さんたちにかまってもらえて、ザジもケリーも大興奮。店内を走りまわってました。(もっと落ち着いてよむかっ(怒り) by 仮母)

キレイになると気持ちがいいわ。自然に笑顔になっちゃう。
IMG_0893.JPG

後ろも見て! かぼちゃのリボン! 食べられるのかしら。
IMG_0904.JPG


IMG_0881.JPG
また、あたしだけ仲間はずれ。あたしも美容院行きたいの! ほら、ひげが伸びてるでしょ。(by コハク)

うーん、確かに、コハクのひげ、伸びてるね。
よっしゃあ、仮母が切ってあげる!
って、この後、大騒ぎになり、結局、今も、コハクはひげが長いままです。

IMG_0900.JPG
あーあ、みんないい匂いがしていいな。もうすねちゃう。

ケリーへのご応募はこちらから↓
http://happy-paws.main.jp/jyoto/jyouto.html
ニックネーム コハク母 at 13:14| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月25日

2012年 Happy paws カレンダー販売開始!

仮母、大風邪ひいてダウン中です。
ワンズはみんな元気です。

今年もカレンダーの季節となりました。
Happy Paws 独立後初のカレンダーには、我が家で過ごしたことのあるワンちゃんは、最初にお預かりしたモアハピちゃんから、現在里親募集中のケリーまで、全員、壁掛けカレンダーに載ってます。


E58D93E4B88A-1-thumbnail2.jpg

E8A68BE9968BE3818D-1-thumbnail2.jpg

E382BBE38383E38388-1-thumbnail2.jpg


Happy Paws チャリティーショップにて、予約受付中!

IMG_0654.JPG

たーくさんのお申し込み待ってまーす。

ニックネーム コハク母 at 14:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

パブリックコメント

環境省の受信BOXが満杯になり、現在、Eメールを送信しても、受け付けられない状態のようです。
週明けには解消されるようですから、もし、送信しても戻ってきた方は、再送してみてください。

IMG_0652.JPG

月曜日に、また、送ってみてね!





ニックネーム コハク母 at 00:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月19日

動物取扱業の適正化について(案)に対する意見の募集

Happy paws の代表pruuさんのブログから、ちょっと引用します。

〜〜〜〜〜
今まで何度も悔しい思いをしてきたのは
「動物愛護管理法」が曖昧な為

このままでは
私達動物保護ボランティアは
10年たっても20年たっても
レスキューして里親さんを探して
その繰り返し

何とかしなくちゃ!!
〜〜〜〜〜

そうなんです。いまのままでは、いつまでたっても、劣悪ブリーダーの元で、地獄のような毎日を過ごす犬猫をなくすことはできません。
殺処分の数も減りません。

今、環境省が動物取扱業の適正化についてパブリックコメント(国民の意見)を募集しています。
誰もが法案改正の賛否を直接投票出来る5年に1度しかないチャンスです!
しかし、締切まで残りあと8日。

年間23万匹の犬猫の殺処分が行われているという今の状況が改善されていくように、このルール改正に一人でも多くの方の「賛成」「反対」を送りましょう。

Eメールで簡単に送れます。
送付先
環境省自然環境局総務課動物愛護管理室
shizen-some@env.go.jp


前回は、業者が送った意見が、9,500通くらいで、一般人が送った意見が200通らいだったんだそうです。
ここを参考にして私は書きました。
https://sites.google.com/site/1action4animals/public_comment

今の私には精一杯の拙い「意見」ですが、お忙しくて、なかなか時間がとれない方もいらっしゃると思います。
やってみてわかりましたが、結構、考え込んじゃいます。
でも、とにかく、賛成とか反対とか、そういう意見が集まることが大切なんだと思うのです。
臆していてはいけないと思うのです。

私の書いたものは、見本ではないし、書式もこれでいいのかよくわからないし、正直いろいろ迷いもあるのですが、なにしろ、もう締切が近いので、これを叩き台として、多少ご自分の意見を入れたり、おかしなところを直して、どうぞご自由に使ってください(あ、もし、使ってもいいと思ったら、ってことです)

わかりやすいように、なにについて賛成か反対か、「案」を引用してあります。
気がついたところや、ご指摘受けたところは、今後、適宜、直していきます。
気負ってしまって、全体に「偉そうな」のが、照れてしまいます。


※環境省サイト※
動物取扱業の適正化について(案)に対する意見の募集
(パブリックコメント)について(お知らせ)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14069





環境省自然環境局総務課動物愛護管理室 御中

「動物取扱業の適正化について(案)」への意見

氏名:
住所:
TEL:
E-mail:

「動物取扱業の適正化について(案)」各論に関して以下の通り意見申し上げます。

(1)深夜の生体展示規制
●深夜展示については動物の生態・生理(昼行性等)へ配慮し、特に犬や猫の幼齢動物については深夜展示による睡眠時間の不足、不適切な生活サイクルの強要等による重大なストレスを考慮して、これを規制する必要がある。また、長時間の連続展示によっても同様のストレスを受けると考えられることから、一定時間を越えないなどの措置が必要である。
●20 時以降の生体展示は禁止すべきである(数値及び規制手法については引き続き検討)
●展示時間や時間帯等の具体的数値を掲げる

意見:賛成します
理由:騒がしい繁華街で深夜まで、煌々とした照明のもと、生後間もない子犬や子猫が生体展示されていることは、心身の成長を大きく阻害していると思われます。命を落としている子もいることでしょう。身体はもちろん、性格・性質への影響が、飼い主が、「飼いづらいと感じる犬猫」を生む可能性は高く、放棄する原因にもつながっていきます。
また、ペットは酔った勢いで買うものでもなければ、思い立った時に買えばよいものでもありません。安易な購入をまねく、深夜販売、24時間販売は禁止すべきです。


●規制の対象となる動物の分類群については、現状の動物取扱業の対象である哺乳類、鳥類、爬虫類までとすることも考えられるが、取り締まり等の実効性を考慮すると犬や猫に絞るべきという意見もある。

意見:反対します
理由:夜行性の動物だから、夜売ってもいいということにはなりません。暗くなければ、彼らにとっては夜ではないのですから。夜はペットショップを閉め、犬猫のみならず、全ての動物の睡眠、もしくは健全な活動を確保すべきです。


(2)移動販売
●ペット販売業者が、動物取扱業の登録を受けた事業所以外の場所で動物を販売すること(以下、「移動販売」という。)については、動物の販売後におけるトレーサビリティの確保やアフターケアについて十分になされていないことによる問題事例が散見されている。また、販売される動物にとっても移動や騒音等がストレスとなり易く、給餌・給水など様々な日常のケアが困難であるといえ、また不十分な管理体制のもとでは、病気の治療がなされない、移動時や移動販売先の空調設備が不十分、移動販売先の地域における感染症蔓延の可能性等、場合によっては動物の健康と安全に支障をきたすおそれが高い販売方法といえ、何らかの規制が必要である。
●規制の方法については、トレーサビリティ、アフターケア、感染症の問題等が担保できることが必要であり、告示やガイドライン等で動物の移送や保管の際に守るべき基準を具体的に示すことが考えられる。

意見:全面禁止にするべきと考えます
理由:夏の夜、渋谷での移動販売を目撃しました。停めてある車の中には、小さなゲージがいっぱいに詰まれており、ナンバーは他県のものでした。暑い昼間に、子犬たちは詰め込まれてきたのでしょう。あの詰め込み方で後ろのほうまでクーラーが効いていたとは思えません。
移動のストレスや騒音、また、病気の動物に対し適切な治療がなされていなかったりする例も多い移動販売は、動物にはもちろん、購入者にもなにもメリットはありません。全面禁止がよいと思います。基準を決めたところで監視は難しいと考えます。


(3)対面販売・対面説明・現物確認の義務化
●インターネット等により、販売者と飼い主が対面せず現物確認をしないまま取引を行う販売方法は、飼い主に対する当該動物の特性、遺伝疾患及び疾病の有無等の事前説明や確認が不十分であるという点で問題であり、動物販売時の対面説明や現物確認の義務化が必要である。また、インターネットオークションでの動物取引については、出品者が動物取扱業の登録を受けているかどうかの確認が困難な事例が多いことから、その確認ができる制度が必要である。
●これを遵守させるための監視方法についても検討する必要がある。

意見:賛成します
理由:動物を荷物のように送ることは愛護法に反しているということはもちろんですが、トラブルの多さを考えても、感染症のことを考えても、対面販売、対面説明、現物確認の義務化が必要であると考えます。


(4)犬猫オークション市場(せり市)
●現在、販売されている犬猫は、一定の割合でオークション市場での取引を経由していることから、これを動物取扱業の中に含めて基準の設定や監視する仕組みの構築が必要である。具体的には、オークション市場に参加するペット関連業者が動物取扱業の登録業者であるかどうかの確認ができる仕組みや、市場の情報公開などにより透明性を確保することが必要である。
●遺伝的な疾患は必ずしも幼齢時に確認できるものとは限らず、一定程度成長した後に発症する場合があることから、動物取扱業全体としてトレーサビリティーの確保は重要であり、特にオークション市場ではこれの確保に対するより一層の取組が必要である。

意見:賛成します
理由:オークション自体を認めないのが本来ではありますが、それが現実的でないなら、ペット関連業者が動物取扱業の登録業者であるかどうかの確認ができる仕組みや、市場の情報公開を義務化し、劣悪な環境で繁殖をしている個人が出品して、売れなければ捨てて帰るというような現状を、監視し取り締まる仕組も確立する必要があると考えます。病気の犬も、試しに出してみるというような悪徳ブリーダーの出荷先になっている例もありました。


(5)犬猫幼齢動物を親等から引き離す日齢
●犬や猫において、一定の日齢に達していない幼齢個体を親や兄弟姉妹から引き離すと、適切な社会化がなされないとされている。特に犬では、早期に引き離した場合、成長後に、咬み癖や吠え癖等の問題行動を引き起こす可能性が高まるとされている。犬と人間が密接な社会的関係を構築するための親や兄弟姉妹から引き離す理想的な時期として、生後6週齢(42 日齢)から8週齢(56 日齢)の間である等の報告があることに加え、イギリスやアメリカの一部の州では8週齢未満の犬の流通・販売等が禁止されている。こうした科学的知見や海外における規制の現状を踏まえると、具体的数値に基づき、流通・販売させる幼齢個体を親等から引き離す日齢制限の取組み強化が必要である。
●日齢の設定については、店舗等での販売時ではなく、親や兄弟姉妹等から引き離す時点を基準とすべきである。
●具体的日齢については、8週齢(56 日齢)
●規制の手法については、強制力のあるものにすべき

意見:賛成します(具体的な日齢は8週齢(56 日齢)であるべきである。
理由:特に犬の場合、早期に親と引き離した場合、成長後に、咬み癖や吠え癖等の問題行動を引き起こす可能性が高まるというのは、すでに多くの場で言われていることです。問題行動を起こす犬は、飼い主により保健所に持ち込まれることも多く、殺処分へとつながっていきます。犬と飼い主のよい関係のためにも、8週未満の子犬を親から離さないことが非常に重要です。
規制の手法については、事業者による自主規制ではなく、強制力のある規制が必要と考えます。


(6)犬猫の繁殖制限措置
●いわゆるパピーミルと呼ばれる、大量繁殖施設において高い頻度で繁殖させられていたと考えられる犬が遺棄された事例が確認されている。これらの繁殖犬については母体への負担や健康面への悪影響が確認されている。これまで様々な犬種を作り出してきた実績のあるイギリスやドイツにおいては、最初の繁殖年齢の設定や、生涯における繁殖回数を5〜6回までに制限するよう規定されており、これらの国々の取組を参考として、繁殖を業とする事業者に対して、繁殖回数及び繁殖間隔について規制を導入すべきである。
●猫の繁殖制限についても、同様に検討すべきである。

意見:賛成します
理由:一生、せまい檻に入れられ、子供を産む道具として扱われ、満足にエサも与えられず、度重なる出産のため歯や顎の骨まで溶けているような繁殖犬が、多数存在している事実が、繁殖制限措置が必要であることの、何よりの理由です。こういった現状は「動物の愛護及び管理に関する法律の関係法令等」基本原則 第二条
「動物が命あるものであることにかんがみ、何人も、動物をみだりに殺し、傷つけ、又は苦しめることのないようにするのみでなく、人と動物の共生に配慮しつつ、その習性を考慮して適正に取り扱うようにしなければならない。」
に著しく反しています。


●一方で、犬と猫の違いや、品種の違いによっても適切な繁殖の時期や頻度が異なるため、一律の規制が困難であることから、事業者による自主規制に任せるべきであるとの意見もある。

意見:強く反対します。
理由:業者任せの自主規制であってはいつまでたっても改善は望めません。


(10)登録取消の運用の強化
●現行法でも、違反すれば動物取扱業の取消しが可能な条文となっているが、違反業者の登録の取消しについて、より迅速に発動しやすくなるよう細目の書きぶりに具体性を持たせることや、虐待の判断について獣医師等の専門家に助言を求める体制確保など、運用面の工夫が必要である。

意見:賛成します
理由:現在のように、違反しても厳密に取り締まれず、多くが野放しで、また違法とされて裁かれたとしても、罪が軽く、異なる名称で再登録すればまた商売を始められるという現状では、適正化は望めません。
利益のために、動物の「命」を犠牲にする悪徳業者を排除できるよう、登録取消の運用の強化をお願いします。

以上




ニックネーム コハク母 at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月15日

fairy

はい、タイトル通り、今日はfairyですかわいい

夏休みも後半に入ったのに、「夏休みらしいこと」をしてないよ!!!

ということで?『羽海野チカ原画展 〜ハチミツとライオン〜』行ってきました!!!

SH3F0149.jpg

めっちゃ良かったです!!
というか、本当に…んもうッッ///

感想をうまく伝えたいけど、国語力がなさ過ぎて伝えられない←

あっ、ちなみに、母と行きました^^

グッズも買っちゃいました顔(メロメロ)

SH3F0153.jpg

左側に写ってるのは、チケットとチラシと貰った絵葉書です***
買ったのは、絵葉書とメモ帳と練り香水ですv

とにかく、素敵すぎた黒ハート
原画だけじゃなくて、ハチクロに出てくる自転車とか、三月のライオンに出てくるシーンの再現とかもありましたぴかぴか(新しい)

「竹本が乗ってた自転車だexclamation×2」って、テンション上がったんですけど、ふと、「マンガなんだから、実際に使ってたっていうのは、ちがうよね…」なんて思いながら、楽しんできました\( ・∀・)/


帰りに、デパ地下で↓↓
SH3F0150.jpg
買ってもらいましたレストラン

かわいいよね??
中に金魚が入ってるのハートたち(複数ハート)

器に出すと
SH3F0151.jpg
こんな感じ☆

味も、おいしかったです(>_<)
水のところは、シロップで、かき氷とかに、かけるといいらしいです
さっそく明日、最近買ったかき氷機でかき氷作ってかけます!!

---------------------キリトリ--------------------------
せっかく、久しぶりのfairy日記なんで、fairy秘蔵ワンコ写真を少しアップ犬(笑)

一枚目はお気に入りの、カットする前ショットカメラ

SH3F0050.jpg

二枚目はお風呂上りショットカメラ

SH3F0080.jpg

最後は、ケリーばっかり構われて、ふてくされ子ショットカメラ

SH3F0019.jpg


今日は、めずらしく、琥珀さんの写真はないです犬(泣)
また、可愛い写真が撮れたらアップしますねるんるん

ニックネーム コハク母 at 23:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

うれしいので、自慢話。

今日は、自慢です。

前々から、仮母は、ちょこちょこ小説もどきなものを書いて、応募するのを趣味にしているんです。って、ここで、もうみなさん、はああ? って感じかと思います。趣味が小説応募ってなんじゃそれ。
自分でもそう思います。
でも、なんというか見果てぬ夢と、もう開き直っています。

それで、去年の10月にアマゾンだけで読める「Web文芸誌 マトグロッソ」の 『嘘みたいな本当の話』 【日本版】ナショナル・ストーリー・プロジェクトというコーナーに、1000字足らずの短い話を投稿して採用され、webで公開してもらいました。

選者の内田樹と高橋源一郎のお二人の合格ハンコをもらっての採用だったので大喜びしたのですが、今度、このコーナーが書籍化され、イースト・プレスから6/23に出版されました。

嘘みたいな本当の話.jpg

嘘みたいな本当の話 [日本版]ナショナル・ストーリー・プロジェクト
作者: 内田樹,高橋源一郎,ほしよりこ
出版社/メーカー: イースト・プレス


この本には、150編ほどの短い話が収録されているのですが、〜そっくりな人の話〜に収録されている 「あんた、半身買わんか」が私のです。


書籍化されると聞いて、わーい、ラッキー、本になるんだあー、と喜んだのですが、本ができあがってみて、さらに、びっくり。

『今日の猫村さん』の著者である、ほしよりこさんが、私の話にイラストをつけてくださり、そのイラストが本の表紙を飾っていたんです!

自分の書いたものに、イラストつけてもらえるだけでも感激なのに、あの「ほしよりこ」さんに描いていただけるなんて!
しかも表紙!
仮母はすっかり舞い上がっております。


魚屋さんでの、内田百ケン似のおじいさんと私とのやりとりを書いた内容なので、イラストも、百ケンと買い物姿の女性が描いてあるのですが、このほしよりこさんが描いた女性が、私に似ているような気がして、さらにうれしいやら、驚くやらでした。

仮母の大目標は、悪徳ブリーダーから犬たちを救い出しているフツーのおねーさんやおばちゃんが、ひょんなことから事件に巻き込まれ、犬たちといっしょに大活躍するユーモアミステリーを書くことです。
って、そんな壮大な話、いつ書けるのやら顔(汗)
全く期待はしないで、みなさん、この幻の小説が完成するのを長生きして待っていてくださいね。


ニックネーム コハク母 at 00:19| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

元気です!

卒業犬の里親様から、かわいい様子をお知らせいただきました。
我が家の預かり犬の中では、二大ハイパー犬のシータちゃんと、ぼくちゃん。

まずは、レボリューション後のシータ姫。
たっぷりお散歩をさせてもらって、様々な体験を積んでいるようです。
他のワンちゃんから教育的指導をガウガウ受けることもあるとか。
ちょっと大人っぽくなったかな。
20110509102511.jpg

今日は姫はアンニュイですの。


それから、ぼくちゃん。
サマーカットにしたら、あまりのかわゆさ? に、道行く人がみんな振り返る、らしい。
ぼくちゃんも、散歩が大好き。

after1.JPG

after.JPG

元気だじぇ。


CIMG3480.JPG

みんないい子にしてる? コロネっちも、りーたんもトライアルにいって、またザジと二人になったけど、私たちも元気にしてるわよ。byコハク姐さん


ぼくちゃんの里親様からは、会の方へたくさんのご支援品を送っていただきました。ありがとうございました。保護犬のために役立てます。


ニックネーム コハク母 at 11:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

さようなら、シールー。

クサガメのシールーが、4月5日に亡くなりました。
直前まで元気で、エサもたくさん食べて、お天気がよかったので日光浴をさせて、さあ、水槽にもどそうと庭に迎えに行ったら、動かなくなっていました。
なにが悪かったのでしょうか。
まるで、歩いてる途中で突然亡くなったような姿で、今にも、次の一歩を踏み出しそうで、しばらく水にいれて様子を見たほどです。

十四年間、共に暮らしました。
まだ娘が幼稚園に入る前、当時住んでいた社宅の近くの北浦和のサティで娘にせがまれ買いました。ペット売り場ではなく、文房具売場で売られていました。

私のことは認識していたようで、外ではなすと、後ろをついて歩くカメでした。エサをやるときも、まずじっと私の顔を見てから食べ始めるのが常でした。
私たち家族といっしょに二回引っ越しました。
脱走して、お隣りのおばあちゃんに連れてきてもらったこともあります。

CIMG4021.JPG

娘といっしょに、泣きました。
泣き止んでは、また、涙が出て、その涙が、シールーの乾いた甲羅に落ちて、それが、また悲しくて泣きました。
娘が折り紙で作ったバラと、薄むらさきのスイトピーと、白いカーネーションと共に、庭のぶどうの根元に埋めました。

広い場所で飼ってあげられなくて、申し訳なかった。
三十年くらい生きるはずだったのではないかと思うと、申し訳なさでいっぱいになる。

さようなら、シールー、さようなら。


ニックネーム コハク母 at 12:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

ご応募、ありがとうございました

被災犬の預かりスタッフ募集についてのご報告

3月24日現在、多数の皆様から被災犬の預りへの応募を頂いております。
ご協力ありがとうございます。

当初指導センターから協力要請のあった埼玉アリーナのペットたちについては他団体様が受け入れ完了されました。

今後につきましては、県内各地の避難受け入れ施設のある市町村および施設での個別対応となりますので、各施設にこちらが預り先を確保し待機中である旨お知らせしています。

ここで、一旦募集を閉め切らせていただきます。
既に応募くださっている皆様には預り連絡網を作成させていただき、要請がありましたら、犬のサイズ、避難場所からの距離などの条件を考慮した上でお願いさせていただく方に直接連絡を取らせていただきます。よろしくお願いいたします。

ニックネーム コハク母 at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

被災犬・猫の預かりスタッフ募集

埼玉県動物指導センターより埼玉県内に避難した方達が一緒に連れてきた被災犬・猫の受け入れ要請がありました。

被災犬・猫の預りさんを募集いたします。

預りができるという方はホームページの「東北関東大地震被災犬・猫預り応募フォーム」
からご応募よろしくお願いいたします。

預かり応募フォームhttp://ws.formzu.net/fgen/S56435235/


募集の趣旨
この度、福島県より被災者の方たちが集団で埼玉県に
避難移住されているというニュースは皆さまご存知かと思います。

埼玉県庁東北地方太平洋沖地震に伴う避難者の一時避難場所の提供について
http://www.pref.saitama.lg.jp/page/hinanjyo.html

幸いにも連れてくる事ができた子達については埼玉県よりHappyPawsへ受け入れ(一時預かり)要請がきました。
現在、埼玉県では、どのくらいの犬猫を連れて来ているのか確認中だそうです。

ただ、私たちの普段の活動である、埼玉県動物指導センターからの引取も期限のある子たちですので引取りをストップする事はできません。

以上のような事情から、この度普段の活動の枠を超えて、被災犬の預りスタッフを会として募集したいと思います。

被災者の方たちにも、片時も離れる事ができない愛するペットたちがいる事は私たちと同じです。
中には避難場所に連れて来る事ができず、現地に置き去りになっているペットたちもいるというお話も聞きました。
埼玉県へ避難予定の方で犬猫を置いてくる事を考えられている方がいましたら諦めないで連れて来て欲しいと思っています。

ニックネーム コハク母 at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お久しぶりです

タイトル通りお久しぶりです!!
fairyですリボン
琥珀ママじゃないですよ〜


みなさん地震は大丈夫でしたか?
前の日記にもあるように、私は学校に泊まりました顔(え〜ん)
まぁこれも貴重な体験だと思えば…
春休みに予定されていた部活などが全部なくなったので、少しゆっくりできそうです。
たくさん犬の散歩にも行ってあげれそう犬(笑)



話は変わりますが、今日は、お母さんにも見せてない素敵なワンコの写真を、私は持ってるんだ!!
ということで、ちょっと古いのもあるけどアップしますカメラ

SH3F0385.jpg

まだカラーつけてる頃雷

SH3F0384.jpg

ザジとも仲良く寝てることもあります犬(足)
コロネは睡眠を邪魔された時が一番腹が立つみたい失恋



最後はやっぱり…

SH3F0411.jpg

琥珀ちゃんでしょ!!
私が着てるパジャマから顔だしちゃって黒ハート
なんてかわいらしいの顔(メロメロ)
あっ、わかりにくいけど、後ろにコロネもいますよ(*^^)v


また可愛い写真が撮れたら更新したいと思いますかわいい

ニックネーム コハク母 at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

3月11日 晴れ 

3月11日、緊急停止した電車の中で揺れがおさまるのをじっと待ちました。

娘は学校、夫は会社。
娘の学校は建物も新しく、防災にも熱心で、あまり心配ではありませんでした。
夫からはまもなく電話がかかってきてお互いの無事を確認。
そうなると、問題は家に残してきた、ザジ、コハク、コロネ。
家具が倒れたり、何かが落ちてきて怪我をしてないだろうか。そればかりが心配でした。

電車の中にどのくらいいたでしょうか。それから3時間以上タクシーを待ち、渋滞の中、やっと家にたどりついたら停電。
いつもなら外の玄関の鍵をあけるだけで、元気な声がうるさいほど聞こえるのに、シーンとしています。
内玄関の鍵を開けても鳴き声がしません。
家の中はきっとめちゃくちゃになっているに違いないと思っていましたから、ガラスを踏んだりしないようにそろそろと、携帯の明かりを頼りにリビングへ。
真っ暗な中で、ザジ、コハク、コロネと名前を呼ぶと、わらわらと三匹が声もなく寄ってきました。
どこかすみっこに隠れていたのかもしれません。
地震発生以来、たいへんなことになったとは思いながらも、とくに恐怖にとらわれたりすることはなかったのですが、三匹を抱えたら、急に、なんだか泣きそうになっちゃいました。

この夜、娘は学校へ泊まり、夫も会社を離れられず、結局、家に帰ったのは私一人でした。

家の中は写真立てひとつ倒れておらず、本部屋も雪崩を起こすことなく無事でした。
なんの被害もない我が家ですら、こんなに落ち着かない一夜だったことを思うにつけ、被災地のみなさんがどれほどの悲しみと疲労の中で過ごしてらっしゃるのかを考えますが、想像もつきません。

なにもできないけど、せめて、節電を心がけ、そして、無駄な買いだめをやめようと思います。
お店の空っぽの棚を見ると、つい、私も焦ってしまいますが、ここは被災地でもないし、停電だって順番に3時間するだけです。
電車もバスも動いています。
断水もしてません。
食料品が近くのコンビニやスーパーで買えなくなると、お年寄りや病気の方が困ります。

とかいいながら、我が家は、トイレットペーパーがあと2巻しかなくて、困ったな状態ですふらふら


みんな元気かな? 怖くなかったかな? 
優しいママやパパといっしょだから平気だね。

CIMG3503.JPG

IMG_0055.jpg

SH3F0175.jpg

101017_1802~0002.jpg

CIMG0696.JPG

ボクたちは元気だよ。
CIMG3806.JPG

つらい目に合ってる仲間が、どうか一匹でも多く助かりますように!
CIMG3799.JPG





ニックネーム コハク母 at 16:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

お知らせ

すっかり忘れていたけど、我が家が飼育放棄された犬を一時預かりするようになって、ちょうど、一年と一ヶ月!
一年経ったら、お祝い? しようと思っていたのに、今、過去ログみたら、最初の保護犬モアが我が家にやってきたのが、2010年の1月28日!
一周年記念をすっかり失念してましたわ。


私がこの一年間、預かってきたのは全て、CATNAP埼玉支部が埼玉動物愛護センターからレスキューしてきた犬たちでした。
そのCATNAP埼玉支部が、3月1日独立して、新しい団体「ハッピー ポゥズ」となりました。
HPもすでに立ち上がっております。ぜひご覧になってください。
happypaws-banner2.gif
東京都動物愛護相談センターからの引き取りに始まったCATNAP小さな命を救うネットワークの活動は、一頭でも多くの命を救いたいという思いから、その後千葉県動物愛護センター・埼玉県動物指導センター等とその範囲を広げてまいりました。
おかげさまで皆様のご協力の下、多くの犬猫の命を明日へ繋げることができております。
しかしながら、それに伴い全活動を管理する代表の処理業務が日に日に膨大なものになってきましたのも事実です。
そこで埼玉支部では、代表の負担軽減をはかり今後の活動を更に円滑に行えるよう、CATNAPから独立して新たな団体を設立する運びとなりました。
組織は別々になりますが、同じ志を持つ者同士、今後も協力をしながらそれぞれの地域で活動してまいります。
日頃応援してくださっている皆様におかれましては、
引き続きCATNAPそして埼玉を拠点とする新団体
『Happy Paws』にご支援賜りますよう、どうかよろしくお願い申し上げます。

ニックネーム コハク母 at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

【緊急】どうかご協力をお願いします

今日、職場で、たまたま二匹目の犬の購入を考えているところだという方がお二人もいらっしゃることを知り、思い切って保護犬のことをお話ししたら、思った以上にとても熱心に聞いていただけ、興味も持っていただけました。
ああ、話してよかったと思うと同時に、臆することなく、話さなくては、活動が広がっていかないことも痛感しました。

犬猫を飼おうと思うとき、ペットショップで購入するだけでなく、保護犬猫の里親になるという方法もあるということをお伝えするだけなのに、なんだかお話ししようとするとドキドキしてしまう自分が情けないです。

さて、CATNAPのスタッフが、昨日、ブリーダー放棄のコーギーを個人保護しました。

引取りに行ってみたら、汚く、臭く、ガリガリで絶句するような状態だったそうです。
右肺が使えないほどの肺炎。
重度の貧血。
獣医さんが、「よく生きていられたね」とおっしゃったそうです。
それでもブリーダーはこの子犬をオークションにかけて売ろうとしました。売れなかったので放棄したのでしょう。
P1000005_20110125125825.jpg

今、箔龍と名付けられたこの子犬は、ICUに緊急入院して生死の間をさまよっています。
2010年9月18日に生まれたばかりの小さな命。
お腹いっぱい食べさせてもらえたこともなく、遊んでもらったこともない4ヶ月の日々。
どうか充分な医療措置が受け続けられ、楽しい明日が来るよう、皆様のご協力、ご支援をお願いします。
11-01-_003.jpg


詳しくは下記ブログをご覧ください。
さあ〜行くよ! コーギー箔龍

ご支援の有無にかかわらず、記事だけでも読んでいただけたらと思います。


優君が正式譲渡のお申し出をいただいたことや、ぼくちゃんのご機嫌な毎日など、保護犬たちのうれしいニュースもあります。
コーギー箔龍にも元気になって、新しい本当の家をみつけてほしいと、心から思います。


ニックネーム コハク母 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする